コーニッシュ5 ③

 

コーニッシュ5でレザートップ→キャンバストップになったことは前回お伝えしましたが…もう少し深く掘り下げてまいります!

コーニッシュ5の幌の構造は複雑で…

①幌の後ろが持ち上がる

②後ろの蓋が開く

③前のロック解除

④幌全体が収納される

⑤後ろの蓋が閉じてロックがかかる

    

幌が開くとスッキリ!ロードスターに!

…と、こういった具合で8個もの油圧シリンダーと長いチューブがあります。      

当然のことながら、チューブなどが経年劣化すると大変です。

長く乗るなら構造が単純な、コーニッシュ4迄のタイプですね。
コーニッシュ4、(ベントレー・ロバートジャンケルもそうですけど)になると、ロックが自動となります。

 

とはいいつつも、コーニッシュは20世紀後半、最高の名車です!

その所以を写真付きでご堪能ください!

今回のテーマの主役、コーニッシュ5。

ベントレー・アズールと同じものです。個人的にはレザートップのほうが高級感があるように思います。

   

コーニッシュ2 メタリックピンク

博物館オープンの前日に納車され、乗り回し…最高‼︎

この車、30年間故障なし‼︎

コーニッシュ1〜4までの堀カバーつきのスタイルもオシャレです。

↑ベントレーターボRドロップヘッド・ロバートジャンケル

↓シルバースパーストレッチリムジン・ロバートジャンケル(ドロップヘッドではありませんけど)

 

今回はここまで。いかがでしたか?

まだまだ魅力はつきませんが…また次回とさせていただきます!