コーニッシュ5 ②

最後のロールスロイスエンジンを積んだ車、コーニッシュ5は、クルー工場で手組みされ、2000年から3年間、374台しか作られていません。

当時の日本は、バブル崩壊後であり、税込で5000万以上のこの車が国内へ輸入されたのはたったの8台。

そんな中「ロールスロイスは、1億かけて作られた車を、5000万で売っている」とも言われ、コーニッシュはシーラカンスのような存在であったのです。 

実は、資本家のチャールズ・ロールスは、1910年に英国人最初の飛行機事故死します。
ヘンリー・ロイスも1915年に大病(大腸癌?)で、現場に出られなくなり、夏は南イングランド、冬は南フランスで静養生活をしながら、設計に携わります。

 

時は、生産効率が会社の存続を問う時代。量産高級車の王者、メルセデスベンツも1990年あたりから、コストダウンに手を染め出していました。

さすがのロールスロイス社も、プライドを捨てて世に倣い、コストダウンにかかり始めた片鱗が…

 

①精緻に加工されたステンレス製のパルテノングリル→鉄板プレスに

②フライングレディが11cm→9cmに

 

 

③自社製ビニールレザーの屋根→キャンバス(ピニンファリーナ製)

 

④給油口がトランク上に…(少し作りがチャチい)

しかし!この車が凄いのは、そのボディの作り‼︎

同時期に発売された、12気筒BMWエンジンを積んだ、シルバーセラフより1回り大きく、同じエンジンの、ベントレー・アズールとも違う‼︎

つまり、ロールスロイス社は、たった
374台のために、別設計してるわけです。

大人しく走るロールス用に、アズールに比べ、エンジンをデチューンしているとか。

ロールスロイス社が凄いのは、ロイス氏が直接職人達を指揮したのが、10年余りだったのにもかかわらず、その精神は100年以上引き継がれ、今なお世界最高のジェットエンジンを生産している事にあります。

 

さて…西日本では、この1台と言われているコーニッシュ5。今は社長の足になっているので、当館に飾られるのは、当分先になりそうです…お楽しみに‼︎